• TOPページ
  • >>
  • 塗料の種類
  • >>
  • 鉄部塗装に使用している塗料

鉄部塗装に使用している塗料

セラMレタン(関西ペイント)

低汚染形セラミック変性ターペン可溶ウレタン樹脂塗料

 

23年頃前から使われだして現在でもつかわれている塗料だと思います。

2液形で1液形に比べると作業性は良いとは言えませんが、やはり1液のポリウレタンよりは全然強いと思いますので、弊社は大半がセラMレタンを使わせて頂いてます。。

戸建て住宅では主に外壁以外の、樋、庇(トタン)、鉄部、木部の塗装には未だ人気があり使用されている塗料です。

耐用年数は5年~7年を参考にして下さい。

セラMシリコンⅢ(関西ペイント)弊社イチ押し!

高耐侯  超低汚染  2液弱溶剤形アクリルシリコン樹脂塗料

 

弊社では弊社では現在、鉄部塗装ではセラMシリコンⅢをお勧めさせて頂いて頻繁に使用させて頂いてます。

この塗料は塗膜自体にセルフクリーニング機能が期待出来るので、汚れが付着しにくく高耐久な塗膜を形成します!

防カビ、防藻性の高いのも特微です。

価格はセラMレタンより若干高くなりますが、トータルで考えると断然お得と判断しています。

 

耐用年数は8年~11年を参考にして下さい。

セラMフッソ(関西ペイント)

高耐侯  超低汚染  2液弱溶剤形ふっ素樹脂塗料

 

再び足場を組むのが困難な高所の場所の鉄部塗装や10年の保証を付ける時などに使用しますが、価格が高いのでお客様には敢えてお勧めする事はありません。

フッ素は超高耐侯という事で、塗膜が劣化するまでの期間が長期間維持出来るという塗材ですが、全ての材料が果たしてそうなのか? それは自信を持って言い切れませんので弊社ではご依頼がある場合にしかフッ素や無機のような高額の塗料を使う事はありません。

Copyright(c) 2022 有限会社アタック塗研 All Rights Reserved.