• TOPページ
  • >>
  • 塗料の種類
  • >>
  • 外壁塗装に使用している塗料

外壁塗装に使用している塗料

コスモアクリル(関西ペイント)

高仕上水性アクリル樹脂塗料

 

アクリル樹脂は塗料によく使われています。

アクリルは塗料に限らず、衣類や水槽、様々に使用されていますので聞いたことがある人の方が多いかと思います。

外壁塗装に使用されるアクリルは、水性、強溶剤とありますが、現在の外壁塗装では大半が水性を使用されていると思います。

アクリル樹脂は低価格ですので、新築のマンション、ビル、商業施設などの外壁のモルタル面やALC面の仕上げとしてよく使われていますが最近ではお家の外壁の塗り替えではほとんど使用されなくなりました。

仕上がった時は綺麗で、見た目ではグレードの高いフッ素やシリコンなどと左程変わらないですが、対候性には強くないですので外壁塗装では耐久年数が3年~5年と言われています。

この数字を参考にして頂ければ定期的に塗り替えるような場所には低コストで優れていますので万能な塗料と言えますが、足場を組んでお家の塗り替えで10年以上は持たせたいという思考の場合には対候性には強くありませんので適してはいません。

 

弊社はお客様からのご依頼があってアクリルを使用するときは、コスモアクリル(関西ペイント)、プリーズコート(エスケー化研)を主に使用しています。

コスモレタン(関西ペイント)

水性反応硬化形アクリルウレタン樹脂塗料

 

アクリルが主流だった当時にグレードアップして売り出されたのがウレタンです。

20年ほど前までは、大規模改修や戸建て住宅の外壁塗り替えでは定番で、よく使われていました。

その後、シリコンが出てきてからは外壁塗り替えでは需要が少なくなりましたが、弊社ではコストが低いという点では今でも雨の掛からない通路や階段室などの壁面の塗り替えにはご提案させて頂いて使用させて頂いてます。

 

外壁塗装では耐久年数は5年~8年を参考にして下さい。 

コスモシリコン(関西ペイント)

水性反応硬化形アクリルシリコン樹脂塗料

 

20年ほど前から外壁塗装では定番になった水性シリコン。

これは万能で現在でもよく使われている塗料です。

現在では価格も良心的な値段設定になり、当時よりは品質も良くなったように思えます。

弊社では価格と耐久年数を考えると、外壁塗装ではアクリル、ウレタンよりも最低限としてシリコンをお勧めさせていただいてます。

20年以上使用してきて実際に10年以上は持つ塗料と確信をしていますので信頼は厚いです。

外壁塗装では耐用年数は7年~10年を参考にして下さい。

シルクウォール(関西ペイント)

高耐侯  1液アクリルシリコン樹脂つや消し塗料

 

外壁をマットに仕上げるときはシルクウォールをお勧めさせて頂いてます。

モルタルの外壁にも使用できますが、弊社では主に窯業系サイディングの塗装で艶消しを活かした仕上げに使用させて頂いてます。

艶消しながら優れた低汚染性が備わる塗料で、仕上がった時の感じは他の塗料とは比較にならないほど良いです。

下塗りにエポレジンとの相性は抜群です!

シリコンより耐久性は優れていると言われていますが、実際の外壁塗装では耐久年数8年~11年を参考にして下さい。

 

 

ダイナミックトップ(関西ペイント)弊社イチ押し!

水性反応硬化形ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料

 

3年ほど前からシリコンよりもダイナミックトップを使う方が多くなりました。

ラジカル制御で紫外線に強いという事で、シリコンよりも耐候性が優れているという事ですので、シリコンよりも若干値段が高いだけですので、お客様にも優しくてかなり有難い塗料です。

 

外壁塗装では耐用年数12年~15年と言われていますが、耐久年数9年~12年で参考にして頂ければとおもいます。

Copyright(c) 2022 有限会社アタック塗研 All Rights Reserved.