• TOPページ
  • >>
  • >>
  • こんな状態であれば塗装が必要です!

こんな状態であれば塗装が必要です!

① 腐食で穴の開いた鉄板など

鉄部のサビや腐食など。

鉄は水に触れるとサビが生じます。

そしてそのまま放置をすると、やがて腐食して穴が開いたり千切れたりします。

そうなると施工も下地処理が困難なため施工の金額も高くなりますので、定期的に塗替えや補修などのメンテナンスをおすすめします。

また、従来なら溶接で補強しなくてはならない箇所の補強もアタックSPB工法で修復及び補強が可能ですので安全でコストも下がります!

腐食で穴が開いたり千切れたりしている箇所で気になっていましたらご相談下さい!

 

② 鉄部にサビが発生している

よく見かける鉄部のサビが発生している個所。

この写真のような状況は塗装が必要です。

これを放置しておくと、やがて穴が開いたり千切れたりします。

こうなると、多額の予算がかかります。

早い段階で塗装をするとサビの進行も押さえ、しっかりと鉄部を保護しますので定期的なメンテナンスを是非して頂きたいと思います。

③ 塗膜にチョ-キングが生じている

外壁を塗装してから数年経つと、手で触るとチョ-キングが生じていると思います。

チョ-キングとは塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョ-クのような粉状になって現れる状態をいいます。

このような状態になっていましたら、塗膜の機能としては寿命といえますので塗替えをお考えになる時期だと思います。

④ 旧塗膜の剥がれや欠けなどが数ヶ所ある場合

写真のように塗膜の浮きや剥がれた部分が生じる原因として、漏水で塗膜の内側に水が溜まり塗膜を膨らませて、やがて破れて塗膜が剥がれる事になります。

このような個所が数ヶ所sる場合は塗膜の劣化が漏水する原因の場合が多いですので、塗替えの目安だと思います。

 

ご相談・見積もり無料! 現場のプロがご対応致します!!

06-6958-4707
営業時間: 9:00 ~ 17:00
定休日: 土日祝
メールでのご相談はコチラから

工場や倉庫などで多い波型スレ-ト

波型スレ-トの屋根は苔や藻が発生しやすくなっていますので、数年すると黒くなります。

高圧水洗浄で苔を除去して塗装をする事で、苔やm藻の発生を防ぐ事もできます。

台風などの突風により物が飛んできて当たった時の衝撃で割れたり穴が開いた個所がある場合は、補修も可能です。

シ-ルの劣化による切れや剥がれが生じている場合

サイディングの外壁でよく見かけますが、ジョイントのシ-ルが劣化してひびが入ったり切れたりしていたら打替えの周期です。

この部分に打っているシ-リング材も様々な種類があり、単に打てば良いという事ではありません。

きちんとした知識を持った職人さんにして頂かないと直ぐに切れたり寿命が短いという要因になります。

 

雨漏りの原因にもなりますので数ヶ所で気になる部分がありましたら是非ご相談して下さい!

屋上やベランダなどの土間の防水塗膜の劣化

屋上やベランダなどの土間に防水されていると思いますが、10年以上経過している所は劣化により防水の機能を果たしていないという例が多いです。

定期的なメンテナンスで効率よく寿命を大幅に延ばす事が可能ですので是非ご相談下さい。

長期間放置していると、後々の施工で手間がかかりますので費用も高額になる例が多いです。

最適なご提案をさせて頂きます。

Copyright(c) 2020 有限会社アタック塗研 All Rights Reserved.