2021年 7月 新着情報工事情報

SPB-外壁モルタル塗装システム

今回は名古屋市北区の戸建て住宅の外壁(モルタル面)で、SPB-外壁モルタル塗装システムで施工させて頂きました!

 

 

外壁塗装のご依頼を頂きました!

施工主様はネットで色々と調べる中で、アタックSPB工法に凄く興味を持って頂き、今回の外壁は既存モルタルの刷毛引き仕上げでしたので、SPB-外壁モルタル塗装システムをご提案させて頂きました!

 

先ずは外壁のモルタル面の下地補修。

大きな亀裂は目地に集中しており、理想の形でした。

築年数が40年近く経っているにしてはモルタルの老朽化による痛みも少なく、しっかりした建物でした。

 

写真のように、亀裂や穴などはSPB-カチオン  シックネスで補修させていただきました。

給湯器を取替した時に既存の不要な配管を切断した時の穴がシリコンで詰められていましたが、除去してSPB-らくリペで補修しました。

このような穴や深く凹んだ部分の補修には、バサルト繊維配合の速乾モルタルのらくリペが活躍します。

目地は全てこのように割れていましたので、プライマーを塗布してウレタンでシーリングしました!

下地補修が終わってから、いよいよ外壁の塗装です。

今回は既存がモルタルでしたのでユニレックス3(給水調整剤)を塗布しました。

この給水調整剤を塗布しなければドライアウト(硬化不良)などの問題が生じ、強固な下地を作る事は出来ません。

既存が吹付タイルなどの塗装をしている場合は給水調整剤は必要ない場合もあります。

そしてユニレックス3を塗布後に、SPB-カチオン  シックネスでパターンを付けます。

シックネスは通常のカチオンフィーラーとは違い、3mmまでの厚みを付けても大丈夫という設計になっていますので、下地調整を兼ねて少々の厚みの付けれる柄を付ける事が可能です。

今回はマスチックローラーでパターンを付けましたが、鏝塗りで様々な模様を付ける事も可能です。

これは今後、色々な仕上げをして参りたいと思っています。

シックネスで柄を付け終えて乾燥させて、シーラーを塗布します。

アタックSPB工法の認定施工店には、ここまでを統一していただいてます!

トップコートに関しては、日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研などの塗料メーカーが様々資材を出して販売していますので、塗装屋さんも好みがそれぞれ違いますし、一番使い慣れた信頼の出来る仕上げをご提案して頂いてます。

弊社は昔から関西ペイントの塗料を使っていますので、今回はダイナミックトップで仕上げました。

施工主様の要望で、白と濃グレーのツートンで半艶で仕上げましたが、シックで良い感じに仕上がりました!

一般に使われている微弾性フィーラーは弾性とは言えそんなに強い物ではありません。

更に現在では微弾性フィーラーをウールローラー塗りしているのが大判ですが、正直意味のいない下地だと思っております。

そういう意味で、シックネスは強度もあり密着性はカチオンですので抜群で最強の下地調整材と言えます。

SPB-カチオン

Thichness

 

まだ製造販売を開始して3カ月ですが、これから全国の塗装屋さんに使って頂いて、強固な下地でトラブルのない長持ちする外壁塗装を展開して頂ける事を目標に、更なる発展を目指して頑張って参ります!

0120-887-827
営業時間: 9:00 ~ 17:00
定休日: 土日祝
メールでのご相談はコチラから
Copyright(c) 2021 有限会社アタック塗研 All Rights Reserved.