2022年12月 7日 新着情報工事情報

名古屋市千種区 外壁塗装工事完成!

2022年12月

名古屋市千種区の外壁塗装工事が完成しました。

 グレーのツートンカラーを施工主様に選択して頂いて、実際に見違えるほど綺麗になりました!

鉄骨構造で外壁はALC、新築当初から1度も塗替えをされていない状態で、塗膜とコーキングは完全に劣化していました。

塗膜が劣化すると防水性、撥水性がなくなり、汚れが付着しやすくなると共にカビも発生してきます。

コーキングも劣化によりコーキング材に弾力性がなくなり、割れや千切れが生じてきます。

このような状態になると、どこから雨漏りをしてもおかしくないという事になります。

外壁、サッシ廻りのコーキングは全て撤去して、コーキングを打ちます。

今回の場合はコーキングを打った部分は外壁塗装で塗りますので、ポリウレタンシールを打ちました!

作業の手順としては、外壁補修後にコーキング打ち替え。

この状態で高圧水洗浄を行います。

高圧水洗浄後に内部に心酔していないか?確認。

この段階で少しでも濡れている場合は塗装に進む前にしっかりと確認しておかなくてはなりません。

これは人により解釈の違いはあるかもしれませんが、塗装して色を付けるよりもここまでの施工が重要だと思っています。

ここから塗装工事に掛かります。

養生後に下塗り材、微弾性フィーラーを塗布します。

下塗り材もかなりの種類がありますが、どの下地材を選択するのか?は現状の状態で異なりますので、どの塗材を使用するのか?

この段階で適正な塗材の選択をして仕様を組む事はプロとして当然の事だと思います。

今回の場合は塗膜の劣化がややひどかったので、微弾性フィーラーを塗布して細かな塗膜の割れを目止めするという目的もあり、この下地材を選択させていただきました!

下地が完了したら、その下地をほごするという目的でトップコートを塗布します。

今回はラジカル制御、ダイナミックトップ(関西ペイント)を選択させていただきました。

中塗り、上塗りと塗布して完成です。

今回はアルミサッシも塗装させて頂き、外壁のツートンのグレーが引き立つようにさせていただきました。

勿論、美観を綺麗にするというのが塗装の目的です。

外壁塗装は綺麗にする上で更に建物を保護する役割もありますので、単に色を塗るという簡単な事ではないと我々は思っています。

Copyright(c) 2023 (有)アタック塗研 All Rights Reserved.