• TOPページ
  • >>
  • 塗装・吹付下地
  • >>
  • 外壁塗装の下地補修(浮き、剝れ)

外壁塗装の下地補修(浮き、剝れ)

外壁の浮きや剝れの原因

写真のようにモルタルが剥がれている事もあります。

これは新築当初から一度も塗装をされていないモルタル素地の状態で何十年経っているお家が多いです。

原因は内側から漏水した水がその部分に溜まって浮かしている事もありますが、老朽化が大半の原因です。

2019年9月に大阪を襲った台風21号の突風で、壁のモルタルが剥がれ落ちたお家も沢山ありましたが、この老朽化が原因で下地のモルタルを食い付かせているラスというスチール(鉄)の網目の物が腐食して、その役目を果たせず、突風に耐えれず壁のモルタルごと剥落というケースが圧倒的に多かったです。

そういう意味でも、定期的に外壁塗装をされているお家は剥落した例はほとんど見かけませんでしたので、外壁塗装は綺麗にするだけでなく壁を保護する役目があるという事が実証されたと思います。

剝落部の補修

剝落した壁は落とせる所まで落として、再度地からやり替える事が必要です。

現在は右から2番目の写真のようにラスカットを張り、その上からモルタルを塗り素地を作ります。

1から全て地からモルタルを塗って作るのは左官屋さんの仕事ですが、このような部分のやり替えは塗装屋さんが出来た方が塗装工事の一環として作業出来ますのでコストを下げれます。

最近は塗装用具と材料が進化して、早くて色が付いたら良いという考え方の職人さんが多くて下地素地ごしらえから出来る人が減りましたが、本来の塗装は下地素地ごしらえといって塗装する前の工程で塗った時に綺麗に仕上がるように素地ごしらえが出来る事が要と言えます。

弊社は下地をしっかりと作り、長持ちさせる塗装が出来る!という事が他社には負けないというプライドと拘りです。

旧塗膜の浮きや剥がれ

写真のように旧塗膜(前回に塗装の塗膜)が浮いたり剥がれたりしている個所も塗替え時ではよく見受けられます。

この原因も漏水により塗膜の内側に水が溜まった部分が膨れてきて、やがて破れて剥がれてくるというケースと、外壁の塗膜の寿命を大幅に超えた状態で放置している為に防水性、防カビ性の機能を果たせず外から雨水が浸透して塗膜の内側に水が回って剥がしている場合があります。

中央の写真は塗膜はしっかりしていますが、内側に溜まった水の重みに耐えきれずに塗膜が破れている状態です。

両サイドの写真は、塗膜の寿命を大幅に超えているので外から水が浸透して内側に入った水が裾に流れ落ちて溜まった部分が剥がれたものです。

このような状態になっていれば、雨漏りしてもおかしくはないですので外壁塗装を早く決断される方が後々の事を考えると絶対に良いと思います。

旧塗膜の浮きや剥がれの補修

浮きや剥がれた部分を剥がれる所まで剥がします。

そして樹脂ペーストを塗り、吸い込みを押さえます。

この処理はモルタルを塗る上でドライアウトという硬化不良をおこさない為に必ず必要です。

無知で直にモルタルを塗って補修している人が居ますが、モルタルにひびが沢山入っていたり継ぎ目が綺麗に割れているといった時はこの原因が多いです。

この処理の後に、凹み部分をカチオンフィーラーで均します。

ここまでが凄く大切な工程で、後々の剥がれが生じないように確実に地に密着させるという点が肝心です。

下地素地調整 パターン復旧

クラックも含めて補修した部分は平らになります。

元の塗装していた部分と補修した部分はパターンが違いますので、そのまま色を塗ると元の塗装面は塗膜でザラザラしてパターンが付いているのに対して、補修した部分だけがツルツルになり補修した部分が明らかに目立ってわかりますし見た目も凄く格好悪いです。

それをわからないようにするために、補修した部分と元々の塗装の柄を合わせて目立たなくする工程が必要になります。

先ずは写真のように、補修した部分だけパターンを付けて元々の柄と合わせます。

その後、全体の塗装を行います。

外壁塗装をしない場合で部分補修のみの場合は、元の色と調色で合わせて補修した部分を隠すように塗り、補修した部分を目立たないように仕上げます。

塗装の前に下地補修で手間暇がかかりますので、定期的に塗替えをされているお家は補修も少ないですので手間が掛からない分、費用も安くなると解釈して頂ければと思います。

15年~20年ほど放置されていて雨漏りしたのでお問い合わせを頂く事が多いのですが、その場合は下地処理に手間が掛かり高額になるケースも多いですので、定期的にメンテナンスをされている方が費用は安くなると認識して頂くと幸いです。

ご相談・お見積り無料! 現場のプロがご対応致します!!

0120-887-827
営業時間: 9:00 ~ 17:00
定休日: 土日祝
メールでのご相談はコチラから
Copyright(c) 2021 有限会社アタック塗研 All Rights Reserved.