• TOPページ
  • >>
  • 塗装・吹付下地
  • >>
  • 外壁補修(露筋)

外壁補修(露筋)

露筋は大惨事に発展する要素があり危険!

露筋とは、コンクリート内部の鉄筋が腐食して変形していく時にコンクリートを浮かし、剝落して鉄筋が露出している状態の事を言います。

マンションやビルの高層階で剥落したコンクリートが人や車に当たるという二次災害も考えられ、とても危険な状態ですので定期的な周期で点検やメンテナンスは必要です。

また、鉄筋コンクリートやALC構造の建物のタイル張りしている建物も同じ事が言えます。

SPB-露筋補修工法

露筋個所の補修は、

① まずコンクリートを剥がせる所まで剥がします。

② その後、腐食した鉄筋のサビを取り除きます。

③ 鉄筋にサビ転換材を塗布し、赤さびから黒サビに転換させてサビの進行を防止させる処理を行います。

④ エポキシ樹脂プライマーを塗布します。

⑤ 軽量樹脂モルタルで成形します。

⑥ 周りの凸凹を刷毛と水で均します。

これで補修が完了ですが、この補修は外壁塗装の下地になります。

この後に既存のパターンに柄を合わせてから塗装します。

 

Copyright(c) 2021 有限会社アタック塗研 All Rights Reserved.